ゆずぽんだ。

娘が中学受験するって言い出した。2022年の受験に向けたきろく。+アラフォー主婦の雑記。

スーパーのレジ打ちが早い店員さんの特徴5つ

f:id:ykn777:20181218154430j:plain

レジ打ちが早い店員さんってどこのお店にも一人はいますよね。

私のよく行くスーパーにもめちゃくちゃレジ打ちが早い人がいるのです。

他の店員さんが1人の会計をしている間にも2、3人終わっている...

レジ打ちが早い人って純粋にすごいなーと思って見ています。

私も大体その人の列に並んじゃいます。

 

ということで余計なお世話かもしれませんが、今回はスーパーのレジ打ちが早い人店員さんの特徴をまとめてみましたよ。

では早速いってみましょー。

 

体全体を使った動き

レジ打ちが早い店員さんの動きを観察してみると、ただ手を動かしているだけではなく、足を肩幅くらいに開いて、体全体を使ってレジを打っているんですよねー。

なかなかリズミカルな動き。

長時間動かず立ちっぱなしは足腰に負担がかかるので、そういう面でも体全体を使うのはいい事かもしれませんね。

バーコードの位置をいちいち探していない

レジ打ちが早い店員さんは、いちいちバーコードの位置を確認していません。

長年の経験ってやつですかね。

またレジ打ちに体全体を使っていてある程度レジ打ちのリズムが決まっているので、バーコードでつまずくとペースが狂いますもんね。

ウンウン。

お札の数え方が上手

やはりお金を扱う仕事なだけあって、お札を数えるのは早くて上手です。

不慣れなアルバイトの店員さんとかはお札を数えるのがぎこちなかったりするのですが、レジ打ちが早い店員さんはサササッと数えてくれますね。

この少しの差がレジ打ちの早さに繋がっているのでしょうか。

早口

レジ打ちが早い店員さんは、遅い人に比べ早口な方が多いです。

毎回同じスーパーに行っていると店員さんが言う声がけって大体わかってくるし、

初めて行くとしても

「ポイントカードお持ちですかー?」

「◯◯円でーす」

くらいなので早口で聞き取れなかったとしても大体理解できます。

それよりレジをささっと打ってくれる方が嬉しいですねー。

程よい接遇

お客にとって店員さんからの丁寧な接遇はとても嬉しいのですが、どちらかといえばそれよりもレジを早く終わらせてくれる方が嬉しい。

でもコ◯トコみたく会計の際に買った商品を投げるように扱う雑な接遇はあまり好まない。

こんなワガママなお客の気持ちを知ってか知らずか、レジ打ちが早い店員さんの接遇は本当に程よいなと感じます。

丁寧すぎず、雑すぎず...

すごく早いんですけど雑ではないので不快さは感じない。

素晴らしいですねー。

 

まとめ

最近はセルフレジも多くなってきたし、キャッシュレス化も進んでいる。

スーパーの店員さんも少なくなってきたり、いずれはいなくなってしまう世界になるのでしょうかね。

色々便利になって行く反面、寂しいような。

スーパーは寒いし、体の動きが少ないと冷えやすいので、レジ打ちの方は体調に気をつけてお仕事されてくださいね。

いつもありがとうございます!

 

ではでは今回はこれでおしまいです(^^)