怖いのは幽霊?それとも...看護師夜勤中のホラー(?)体験あるある

f:id:ykn777:20181130110411j:plain

看護師になると多くの人が経験する夜勤業務。

看護師だけではありませんが、世の大半の人が眠っている時間帯に仕事をするのって大変ですよね。

しかも夜ってスタッフも2、3人。

私も今は夜勤業務はしていませんが、もちろん経験はあります。

個人的に自分のペースで仕事ができるのは夜勤業務のメリットかなと思っているですが、まぁ夜なので昼間とは様子も違うし色々な面で怖いです。

そこで今回は看護師の夜勤中のホラー(?)あるあるをお伝えしていきたいと思います。

幽霊の恐怖??

個室の前はダッシュ

病院の病棟には大部屋と個室があります。

特に「あの個室は出る」とか色々噂を聞くことも多く。

全く霊感のない私ですが、誰もいない個室の前はなぜかダッシュしちゃいます。

背中がザワザワします。

窓ガラスや鏡にビクってなる

夜の窓ガラスや鏡って怖いんですよねー。

大きい鏡を置いてある職場も多く、窓も大きかったりするんですよね。

鏡や窓の前を通るときはあまり見ないようにしますが、不意に目に入ってしまった時はビクってなります。

トイレの鏡も怖い。

怖いのは幽霊だけではない

夜勤をやっていて、幽霊とか目に見えないものへの恐怖ももちろんゼロではありませんが、全然耐えられます。

怖いのは幽霊だけではありません。

ではどんどんいってみましょー。

動けないはずの患者さんがベットの下に

特に高齢の患者さんですが、日中はおとなしいのに夜になると急に元気になる方や、例えば骨折していて動けないはずなのにベッドの柵を乗り越え、笑顔で床に座っている方など。

本当に謎ですホラーです。

血まみれのシーツ

巡回のためにライトを持って暗い廊下を歩き、病室に入って患者さん1人1人を確認していきます。

点滴をしている人やカテーテル(管)が入っている人は特に異常がないかをチェックしてくのですが、時々点滴を自分で抜いてしまってベッドなど血まみれになっている患者さんに遭遇することも少なくありません。

びっくりですね〜。

その他

これを言うと何かが起こる??

夜勤業務をしていると、すごーく忙しい日と全く忙しくない日で差を感じる時があります。

忙しくない日に誰かが

「今日は静かだねぇ〜」

と言うと急変が起こったり、患者さんが転んだり、入院があったり。

バタつく事が多かったりします。

なので「今日は静かだねぇ〜」

と言ってしまうと、相方に

「あーあ、言っちゃったー」

なんて言われちゃうこともあります(笑)

 

職場によって違うかな??

まとめ

看護師の夜勤中のホラー(?)あるあるをお伝えしてみました。

夜勤をしているといろんな事が起こりますよね。

霊感が強い人は見えるとか言いますが、私は特に幽霊も見たことはないし特別怖がることはないと思います。

それよりも、夜は患者さんが予想もしない動きをする事が多いので、ある意味そちらの方が怖いしホラーじゃないかと。

幽霊よりまずは患者さんの安全確保を第一にしっかり見回っていかなければいけませんねε-(´∀`; )

 

では今回はこれでおしまいです。