家族で投資の勉強。ボードゲームを2つ紹介

数年前から投資を始めた私たち夫婦。

投資を勉強し、お金の考え方が変わりました。

 

 

お金=稼ぐ→使う→なくなる→稼ぐ

というイメージだったのが、

お金=お金に働かせて増やす。

に変わりました。

↓きっかけになった本

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

よく『楽して稼げる系』の勧誘がありますが、それはちょっと違いますよね。

何も知らない初心者が楽してお金を稼げることなんてないと思います。

(あったとしても少し道が外れているような。。)

今本当に楽して稼げているはそこにたどり着くまで努力をしていたからだと思います。

何事も勉強ですね。

 

 

そんなこんなで、子供達にも投資の勉強ということで買ってあげたのがボードゲーム

2つ買ったのでご紹介します。

モノポリー

f:id:ykn777:20181027141958j:plain

ゲームソフトもあって昔からある結構有名なボードゲームですね。

我が家は去年買いました。

土地を買って、家を建てて、家賃収入を得ていく感じのボードゲームなのですが、

娘が好きなんですよねー。

意外と大人が負けちゃう。結構奥深いです。

土地の取引で交渉なんかもしちゃったり、遊びながら簡単に勉強できます。

キャッシュフロー101

f:id:ykn777:20181027142019j:plain

こちら、私たちが投資に興味を持つきっかけとなった「金持ち父さん貧乏父さん」の著者ロバートキヨサキさんが作ったボードゲーム

こちらはボードゲームの割に結構お値段するんですが、旦那さんがある日ネットで購入してましたw

モノポリーは家や土地のみで遊ぶものでしたが、キャッシュフロー101は、株式や投資信託なども組み込まれていて、モノポリーよりも少し投資の要素が多くなっています。

子供には難しそうな文も多かったので、低学年の娘には難しいかなぁ?と思ったのですが、普通に楽しんで遊んでいましたw

大人と一緒にやればできると思います。

現金持ちだけが1番ではないことがわかる

これらのボードゲームは、現金をたくさん持っていても勝てないのです。

最後の方になると、せっかく貯めたお金が、他の資産(土地や家・ホテルなど)を持っている人に取られてどんどんなくなっていきます。

逆に最初に土地やホテルを買って、たくさん持っている人は後から何もしなくてもお金がどんどん入って来るようになります。

そこでお金(現金)だけが価値のあるものではないことが学べます。

現実はこんなにさらっと簡単にお金が入ってくる訳ではありませんが、投資やお金の仕組みが理解できるとは思います。

 

子供と一緒に学べるのでオススメです(^^)

 どっちがおすすめ??

私個人の感想としては、小学校低学年までの子供と一緒に遊ぶのであれば、モノポリーの方がシンプルなので遊びやすかな、と思います。

キャッシュフロー101は、小学校高学年にもなれば普通に遊べるでしょう。

でも、娘は小2の時に初めてやらせましたが、大人がサポートしてあげると充分楽しめていました。

忙しい時にもやろうと言ってくるの時があるので(^-^;

まずはお値段もお手頃なモノポリーかなぁ?

 

という感じです!

 

では短いですが今回はこれでおしまいです(^^)