【お金の用語】金利と利率について学ぼう

カードローンや住宅ローンなどを借りるときに出てくる「金利」。

普段あまり深く考えないと思いますが。

定期預金をしたり、住宅ローンなどを借りる際は知っておいて損はないはず。

簡単に説明していきますね。

 

 

金利とは

金利とは簡単に言うと、「お金の使用料」です。

銀行にお金を預けると、利息が入って来ますよね。

逆に自分がお金を借りると相手に利子をつけて返済していきます。

 ー金利の意味ー

金利には2つの意味があり、

・利息と実際に借りたお金(元本)の割合(%)

・利息そのものを「金利」と言う場合

 

※利息と利子の違いは???

意味はどちらも同じです。

・利息はお金を貸した人が受け取るもの

・利子はお金を借りた人が受け取るもの

一般的にこのように使い分けるようです。人によってまちまちだと思いますが。

 

利率とは

利率は特に断りがない限りは、『年利率』と言います。

元本に対して、年換算でいくらの利息をつけるかと言う割合を言います。

ちょっとややこしいですか?

 

一般的には「金利」がお馴染み?

どちらかといえば銀行でよく目にするのは『金利』の方かな、と思うんですが

どうですか?

住宅ローンなんかは「金利」で示していますしね。

定期預金も「期間限定で金利上乗せ!」とかやっていますしね。

ほとんど同じような意味で使われていることが多いと思います。

せっかくなので利率もセットで覚えておくと便利ですね。

 

では実際に文章にしてみました

年利(金利)1%の商品に、100万円を3年間預けたとすると、

1年目の利息は1万円

2年目の利息は1万円

3年目の利息は1万円

利息の合計は3万円で、

3年後には元本と合わせて103万円返ってくる計算になります。

 

どうですか?

勉強してから文章を見ると理解しやすいですね。

 

金利や利率など、お金の言葉は難しく感じますが、1個ずつ勉強すると

意外と簡単ですよね。

 

ではおしまいです🖐