保険貧乏にならない保険の選び方。

f:id:ykn777:20180826145412j:plain

いざという時に家計の助けになる保険。

入っておけば「いざ」という時は安心ですね。

しかし保険の加入のしすぎで、毎月の支払いに困ってしまっては意味がありません。

 

CMやショッピングモールにある保険相談コーナー、職場にも保険屋さんが勧誘に来ますね。銀行でも保険を取り扱っています。

 

でもお店の人に言われるがまま簡単に保険に入ってしまっては失敗するかもしれませんよ。

自分でもよく考えて保険選びをしていくことが必要となります。

 

 

万が一自分に何かあった時に一番困る人は誰か考える

・今の自分は独身?既婚?子供の人数は?年齢は?学費は?

・家計をメインで支えているのは誰?

・自分の今の収入と使い道

・貯蓄はいくらある?

・収入がなくなり、今ある貯蓄のみで過ごす場合、何ヶ月過ごせるか

などなど、自分が置かれている状況を把握しましょう。

 

自分に何かあった時に、どんな社会保障があるか調べてみる

いざ自分に何かあった時に実際お金はいくらかかるでしょうか。

医療費

日本に住んでいれば誰もが健康保険に加入していると思います。

健康保険に加入しているので、2、3割の自己負担で医療サービスを受けることができています。

それでも、数回程度の通院ならなんとかなるにしても、入院や手術により医療費が高額になってしまった時はどうするの?と不安になる方も多いでしょう。

しかし高額な医療費も所得によって支払い限度額が決まっています。

 

所得が500万円くらいの30代サラリーマンAさんを例にして考えていきましょう。

 

所得区分により、このAさんの限度額の計算式は

80,100円+(医療費−267,000円)×1%

となります。

f:id:ykn777:20180826151900p:plain

   出典:医療費の自己負担|厚生労働省

 

例えば医療費が60万円かかったとします。

通常は3割負担なので18万円支払うことになります。

しかし限度額が決まっているので、さっきの式に当てはめてみると

 

80,100円+(600,000円−267,000円)×1%=83,430円

 

83,430円が実際にAさんが自己負担する医療費となります。

窓口で18万円支払った場合は、後から申請すると差額が戻ってきます。(高額医療費制度) 

 

ただ、食事代やお部屋代(料金がかかる個室とか)、パジャマをレンタルした場合、これらは医療費に含まれないので自己負担となります。

なのでざーーっくり計算して、1ヶ月10万くらいあれば医療費は足りるかなぁ

という予想が立ちます。

 

 価格.com - 入院費用相場・平均医療費シミュレーション| 医療保険 | 保険比較・保険見直し

 価格.comさんのサイトを見ると、病気別で医療費の相場を確認できます。

 

支払い限度額の予想がつくと、医療費に関してはそこまで手厚い保障は必要ないのかな、という感じがします。

このくらいの補償でしたら掛け捨てで1,000円程度の商品もたくさんありますね。

 

傷病手当金

サラリーマンで、一般的な社会保険に加入している場合病気などで仕事を休まなければならなり、その間給料が出ない場合は手続きにより傷病手当金が給付されます。

1番困るのが、家計を支える人が働けなくなった場合ですよね。

そうなった場合、毎月いくらお金がなければいけないのかを考えてみましょう。

傷病手当金は、標準報酬月額の2/3が支給されます。

標準報酬月額が30万円人は、約20万円くらいはもらえるということになりますね。

なので、残りの1/3を補償するために、補償内容を少し厚くする必要がありますが、保険貧乏にならないためには最低限の補償で良いかと思います。

 

死亡してしまった場合

あまり考えたくありませんが、もしも自分に万が一のことがあったら、家族はどうなる?たくさん保険にたくさん入っておかなければ!

と考えてしまうと思います。

もちろん補償があればあるほど残された家族は経済的に困ることはないでしょう。

しかし、保険料の支払いで今現在の家計が火の車になってしまっては意味がありませんよね。

遺族年金(子供がいる配偶者と子供がもらえます)や児童扶養手当などの社会保障制度があるので、自分は対象になるか確認してみましょう。

そう考えると、生活費は残された配偶者の収入と合わせればなんとかなるかもしれません。

保険は子供の学費などの教育費程度の補償で充分では???

 

保険貧乏にならないために

f:id:ykn777:20180826145429j:plain

 まずは自分に何かあった時、実際いくらお金がかかるのかをシュミレーションしてみて、どのくらいの社会保障があるのかを調べ、その不足分を保険で補うようにしてはどうでしょうか?

保険の見直しを考えている方はよく考えてみましょう。

 

では今回はこれでおしまいです(^-^)