亜急性壊死性リンパ節炎になりました。体験談です。

最初病名聞いた時は、死んじゃいそうな名前だったので一瞬「ドキッ」としましたが、大丈夫なようです。

ネットで色々検索してみましたが、あんまり記事がないんですよね。

そして人によって症状もさまざま。

 

「これは同じだー」

「これは当てはまらないなー」

 

などと、別な病気なのではないかとか無駄に心配してしまいました(-。-;

 

なので同じ病気の方が見てくれた時に少しでも参考になればなーと思って経過を書いていきたいと思います。

 

 

【4月の中旬】

ある日夕食を食べ終わったくらいに右の首が筋肉痛のように痛む。

ひどい肩こりだーと思って旦那さんにマッサージしてもらったりして、その日は湿布をして寝ました。

翌日、首の痛みは同じ。熱ナシ、喉の痛みナシ。

よーく触ってみる。「....コレ肩こりじゃなくて腫れてるじゃん!」

ちょうど仕事が休みだったので近所の耳鼻科へ行きました。

喉が真っ赤なので、そこからばい菌が入り、リンパ節炎になったようだとのこと。

プレドニン2日間、抗生剤5日分が出て飲み始め、首の痛みも腫れもすぐに取れました。

 

【5月の初め】

首の痛みもすっかり落ち着いていたのですが、ある朝また同じところが腫れてる。

でも症状もそれだけで元気です。

念のためまた同じ耳鼻科に行きました。

「喉の奥に腫瘍があったら大変なので、カメラで検査してみましょう」

カメラで喉を診てもらって異常なし。

リンパ節炎がぶり返したんだろう、とのことで同じ薬が出ました。

 

【その夜】

異常な体のだるさと節々の痛み。頭痛。熱は37.5度。

一緒に出ていたカロナールも飲みましたが効かず。。

その日は体中痛くて旦那さんを起こし、迷惑をかけ。。

結局痛みで眠れませんでした。。

 

【翌日】

体は相変わらずだるく、頭痛もあり。熱は落ち着く。

ちょっと心配だから総合病院に行ってみようということで受診。

亜急性壊死性リンパ節炎かなぁと。

※ちなみに「亜急性」とは、急性でもなく慢性でもなく、治るのに1ヶ月から3ヶ月程度かかる状態のこと。

原因はウイルス性、細菌性、色々あるけど、とりあえず何より安静が大切とのこと。

最近ストレスで疲れていたもの原因の1つかも、と。

ステロイドと抗生剤は続けて安静を取ることになりました。

 

とりあえずまとめ

私の場合、熱は高熱になることはなかったけど、とにかく異様な倦怠感と体の痛みがすごく気持ち悪かったです。

リンパ節炎って聞いてもイマイチピンとこなくて、普通の風邪が悪化したのかな?くらいな認識でしたが、実際に体験してみて、あの体のだるさと痛み。。

元気になった!と思って動き出すとまたしんどくなってくる。

そんな感じです。

意外としんどい病気。

病気って嫌ですね。健康第一。

結構ぶり返しちゃう人もいるみたいだし、厄介な病気になってしまったものです(T ^ T)

 

では、また次の検査の後にまた記事書きたいと思います。