悪口ばかりを言う人の特徴と付き合い方

子供のいじめのニュースが報道されていると心が痛みます。

昔から人をいじめる子って必ずいますよね。なんなんだろう?

 

大人になってからもいじめはありますよね。

職場で、ママ友間で、中には嫁姑間とか、どこにでもあります。

大人がこうなのですから、それを見て育っている子供だってそうなってもおかしくないですよね。

はぁ。。悲しくなってきました。

 

さて、今回はそのいじめのきっかけとなる『悪口』の話です。

私の職場には悪口ばかり言っている人がいます。

Aさんの悪口を言っていたかと思えば、次はAさんの前でBさんの悪口を言っています。今度はBさんがいない時にBさんの悪口を言っています。

悪口を言われたことはないと言う人を探すのが難しいくらいです。

私にも色々な人の悪口を言ってくるのですから、きっと私のことも誰かに言っているのでしょう(笑)

そんな彼女の悪口を聞かされ続けて2、3年経ちましたが、さすがの私も気が滅入ってきたので、少し冷静になる意味で(笑)悪口を言う人の特徴と、うまい付き合い方を私なりに考えてまとめていきたいと思います。

 

悪口を言う人の特徴

人の悪いところしか見ない

どんな人にも良い所と悪い所があります。みんながなんでもパーフェクトにできたら何も言うことないのでしょうが、それぞれ得意不得意がありますし、仕事をしている上ではヒューマンエラーも必ずあるものです。

そんな人の悪い所やちょっとしたミスを徹底的に叩き上げ、悪口のネタにしたりします。しまいには「あの人は足が短すぎる」と言うような容姿についての悪口まで出てきます(-。-;

人の幸せな話は気に食わない

結婚とか妊娠とか、マイホームを建てた、海外旅行に行った...など人が幸せそうにしているのをみていると、それを「よかったねー」もなくとりあえず悪口に持っていってしまいます。

どんな人間でも、自分に余裕がない時や不幸だなと感じている時は、どうしても他人のことが良く見えてしまい、妬みや嫉妬に変わってしまうこともあります。しかしそれを口に出すのと出さないでは大きな違いがありますよね。

基本的に人見知り

悪口を言う人は、悪口を言いまくっている時は生き生きしているのですが、その他の話題が乏しい人が多いので、それ以外のネタでは話が続かないことが多いです。基本的に人見知りで慣れた人間としか付き合おうとしません。

また初対面の人は性格や生活環境から何もわからない状態なのですが、まず戦闘態勢から入り、人の悪いところから探し始めます。

やたらと私生活の自慢話が多い

本当に幸せな人って、いちいち人に自慢話はしない人が多いと思います。それが悪口を言う人のネタになってしまう可能性があるとわかっているからです。

逆に悪口を言う人は、誰も口には出しませんが大体嫌われているので、その人のことを羨ましく思ったり、尊敬の眼差しで見られることはないでしょう。

そのため、自ら幸せ自慢をしなければ誰もかまってくれないので、過剰に私生活自慢をしてかまってもらおうとします。

 

悪口ばかり言う人とのうまい付き合い方

なるべく2人きりにならない

2人きりになってしまうと、悪口を言う人にとっては絶好の悪口大会のチャンスです。

その悪口を聞かされて、嫌な思いをするだけでなく、一緒に悪口を言いいあった仲間にされて、後からトラブルになった時にとばっちりを受けます。

また何人か周りにいるだけで、仮に悪口が始まったとしても自分が悪口を言っていないという証人になってくれます。なるべく2人きりにならないように気をつけましょう。

悪口に同調しない

運悪く悪口を聞く羽目になってしまった場合、絶対に悪口に同調してはいけません。

相手は悪口のプロなので(笑)、こちらをどうにか仲間にしようと口車に乗せてきます。そこで「私もそう思います」とか同調するようなことは言わず、「そうなんですねー」くらいで済ませておきます。

 

私生活の話はしない

自分の私生活の話題もできる限り話さないようにしましょう。しかし相手は自分が満たされていないので、こちらの私生活が気になり色々聞いてきます。そして自分と比べて優越感に浸ったり、僻んだりするのです。

優越感に浸っていただける位ならどうぞご勝手に、と言う感じなのですが、余計な僻み、妬みの対象にならないように気をつけましょう。

 

 

おわりに

先ほども書きましたが、自分に余裕がない時や不幸だなと感じている時は、どうしても他人のことが良く見えてしまい、妬みや嫉妬に変わってしまうこともあります。

悪口ばかり言っている人は、日々の生活で満たされていないのです。

どんな環境においても必ず悪口を言う人はいるものです。それに振り回されることなく日々過ごしていきたいですね。そんな自分を見て子供たちも成長してくと思いますので...。

それではおしまいです(^^)