1年生。硬筆をうまく書くコツ

小学生とか、中学生の硬筆って大体どこの地域でもやるものなのでしょうか?

私は田舎育ちだったのですが、関東に引っ越してきて、子供が小学生になった時に初めて『硬筆』の存在を知ったのですが。。(^^;;

そんな硬筆。5月、6月になるとそろそろ始まりますね。

1年生にとっては初めての硬筆です。

 

我が家の子供は書道を習っているせいか、硬筆はよく金賞をとってくるのですが、書道を習っていても金賞を取れない子もいます。

そこで今回は、硬筆で金賞を取りたいお子さん、取って欲しいと思っている親御さんに、硬筆で金賞をとるために上手に書くコツをお話できればな、と思います。

 

鉛筆、下敷きはなるべくいいものを使う

硬筆の時期になると、学校で一斉に購入してくれるところもあると思いますが、何種類か商品があるので、特に1年生の親御さんは何を購入すれば良いか悩みどころです。

・鉛筆

硬筆に使用する鉛筆は4B〜10Bと幅広く、価格も濃くなるほど高くなります。

安いものの方が家計にとってはいいのですが、低学年の子ですと特に筆圧も弱いので、できれば10B、せめて8Bをお勧めします。

 

 

・下敷き

我が家では『ソフト厚口』という種類の下敷きを使っています。

厚めの方が力がうまく入るようです。

 

まず「の」を上手に書けるように頑張ろう

何年生になっても「の」という字は必ず硬筆で書くことになる文字だと思います。

とめたり、はらったりという練習にもなります。

まず「の」を上手に書けるように頑張ってみましょう。

手本に忠実に書こう

硬筆を上手に書いている子の作品を見ると、「なんでうちの子はうまく書けないのかな」とついつい思ってしまいます。

しかし、硬筆はただ手本を「真似っこ」しているだけ、と考えれば、どんなお子さんでも上手に書ける素質はあるはずです。

要は、練習するか、しないかです。

また、字が一見上手な子でも、少しクセのある字を書いていたりすると、少しの差で金賞を逃してしまうこともあります。

【手本に忠実に】がポイントです。

 

子供1人の練習ではだめ。親も練習を見守リましょう

さて、いざ家で「練習しなさい」と子供に言っても、子供はどうやって練習していいかわかりません。まして低学年ですと、『書いて終わり』になってしまいます。

学校によっては宿題として『硬筆を◯枚書いてくる』と言われてくると思いますが、子供が書いたものをチェックして、直した方が良いところはアドバイスします。

ここはぜひ親御さんも一緒に練習に付き合ってあげましょう。

 

まとめ

高学年になってしまうと、練習をしないだけでなく、字のクセも出てくるので、いきなり金賞を!と言っても難しいのかな、と思います。

(上手な子はたくさんいますから)

是非1年生のうちから綺麗な字を書いて、金賞を取る喜びを味合わせてあげましょう(^^)

 

三菱鉛筆 硬筆用10B鉛筆 筆鉛筆 ふでえんぴつ【ネコポスもOK!】