食費の節約に疲れた。そんな時は少し方法を見直してみよう。


スポンサーリンク

f:id:ykn777:20181105230834j:plain

節約生活を送っている人。

きっと食費も節約しようと頑張っているはず。

身近で手軽にできる食費の節約。

頑張れば成果も出やすい。

しかしあまり自分を追い詰めすぎると逆にストレスとなってしまい、せっかくの節約生活が疲れてしいます。

 

そこで今回は、疲れない食費の節約生活のポイントをまとめていきたいと思いますよ。

 

献立は数日分考えて、買い物は週に1度に

以前書いた記事にもあげたので重複してしまうのですが、 私は数日分の献立を決めて、週に1度だけ買い物に行っています。

 

www.ykn777blog.com 

毎日買い物に行くと安いからと無駄な食材を買ってしまいがちです。

しかも私の場合、毎日買い物に行くとしたら仕事帰りで空腹度MAXの状態。

絶対無駄遣いしてしまいます。

 買い物を週1回で済ませておくと、当然無駄な食材を買うことがないので節約になります。

ぞして何より毎日献立を考えるストレスがなくなるのでオススメですよ。

 節約食材を買いすぎない

食費を節約しようと思った時にまず思い浮かぶのが、価格の安い食材。

・もやし

・豆腐

・こんにゃく

・鶏胸肉

などなど。

美味しくて好きです。栄養もあるし嫌いではないんです。

しかしこれらばかりのメニューでは、人間飽きてしまいます。

夫婦2人だけ〜とか自分1人だけ〜とか、我慢がきく年齢の人達だけならいいかもしれませんが、問題は子供。

「またもやしー?」

なんてクレームも聞かれる恐れが。

そんな文句を言わない子供に育てればいいのでしょうが。

節約食材は買いすぎず、食費を計算しながら上手に取り入れ利用できるといいのかな、と思います。

自分の食べたいメニューを取り入れる

食費を節約していると、当然外食の回数は減ります。

そうなると、食事を用意するのは自分。

疲れていても節約のために自炊。結構しんどいです。

そこで、たまには自分の食べたいものをメニューに取り入れて作ってみてはいかがでしょうか。

自分の食べたいものなら頑張って作れちゃいますよね!

疲れた時は思い切ってあれこれ作らない

どんなに料理好きな人でも、毎日毎食作っていると

「今日は作りたくないなぁ」なんて日もきっとあるはず。

そんな日は思い切ってあれこれ作らないという決断も必要なのかな?

と思います。

食費に余裕があるならば外食してしまってもいいし、納豆ご飯と味噌汁、ちょっとの副菜でも立派な食事。

楽して、ついでに食費も節約です。

たまには楽しちゃいましょう〜。

 

まとめ

食費の節約は、それぞれの家庭の家計や家族構成や人数、年齢などによって、やり方も考え方も変わってくるので、家庭にによっては向かないものもあるかもしれません。

節約は楽しんでできるのが一番ですよね。

もしできそうなものがありましたら参考にしてみてください(^^)

 

では今日はこれでおしまいです。