子供のお小遣いはどうやって決めていますか?


スポンサードリンク

お子さんがいる家庭にとって、子供のお小遣いをどうするかという悩みってありますよね。

お小遣いを渡し始める年齢や、金額とか、色々悩みます。

 

我が家には中学生の息子がいるのですが、周りのお友達はいつもお金があって遊びに行っているとか、私に色々言ってきますね。

 

経済的な差もあるんでしょうが、お小遣いの渡し方も家庭によって様々ですね。

我が家は遊びに行くたびにお金は渡していないので、息子は不思議なようです。

 

今日はそんな我が家のお小遣い制度についてのお話です。

 

我が家も最近までは、決まった金額などは決めてお小遣いは渡しておらず、その時の自分達の気分であげていました。

あとは誕生日とか、何かで賞をとった時などは少し多めにあげてみたりしていましたね。

 

しかしそれではお金の大切さがイマイチ理解できないようで、あればすぐ使うの繰り返し。何に使ったのかもわからない感じでした。

 

そこで導入した『ポイント制』

旦那さんの提案で、「お小遣いをポイント制にしてみる?」

ということになり、早速ポイント制にしてみました。

 

1ポイント=10円で、表が満タンになったら現金と交換してもらえます。

 

ポイントの例として

<娘の場合>

・お手伝い→5ポイント

・テストで100点→15ポイント

などなど。

 

こんな感じでポイントを貯めていきます。

 

そしてついに先日2人ともポイントが貯まりきりました

兄弟でやっていて、しかもポイント表が隣同士並んでいるので、相手がどのくらいポイントが貯まったかみることができます。

相手と比べて、自分が最近ポイント貯まってないな、と思うと積極的にポイントを稼ぎにやってきます☺️

 

今回私が手書きで作った表は満タンになると1200ポイントたまるもの。

なんと12000円Σ(・□・;)

お金を渡す方もちょっと躊躇する額ではありますが、実際に子供が頑張って貯めたものなので、潔く現金と交換してあげました。

 

数週間の差はありましたが、2人とも1枚目のポイント表を満タンにしてくれました(^^)

1200ポイントだったので結構時間はかかりましたが、無事達成です!!

 

12000円分の新札を封筒に入れて、【よく頑張りました!】てな感じでメッセージつけて渡してあげると、すごーく喜んでくれました。

 

お小遣いのポイント制は成功

我が家で挑戦したこのお小遣い制度は、なかなかの成功を収め、2枚目に突入しております。

前はすぐお金を使ってしまっていた子供達も、今回は全て使ってしまうようなこともなく、大事に使っているようです。

自分で頑張って得たお金だっていうのを少しは自覚してくれていればいいな、と思っています。

 

では今日はこれでおしまいです(^^)