節約ばかりは疲れます。


スポンサードリンク

節約節約。

お金を貯めようと決心するとまず思い浮かぶのが「節約」かな、と思います。

 

一円でも安い食材を。

ドラッグストアに売っている1000円弱のトリートメントを買うのもガマン。

安い下着でガマン。

友達とランチに行きたいけど今月はガマン。

 

ちょこちょこした節約ももちろん大切かもしれません。

そういう節約方法でお金を貯められる人もたくさんいるでしょうね。

でも、パートナーが非協力的で毎月貯蓄に回せるお金がなかったり、子育てでバタバタしながら、キツキツの節約生活。なんで私こんなに節約頑張らなきゃならないんだろう?と毎日の節約生活に疲れてしまってる人も多いのでは?

女って色々難しいんです。

 

私も「節約」してます。

でも別に好きじゃないです。

できれば思いっきりお金を使ってしまいたい気持ちになるときもあります。

でも一生懸命節約していた時も特にお金はそこまで貯まらなかったからです。

 

今はゆるーく「節約」してます。

 

なぜ一生懸命節約しているのにお金が貯まらなかったのでしょうか?

それは

・なんのために節約しているか。

・節約してどうしたいのか。

・節約してお金が貯まったら何に使うのか。

節約以前に、自分がどうなりたいのかまず考えてなかったからかな、と思います。

 

目的を持ってみた

私はまず節約する前に、自分の夢や目標や目的、今後どうなりたいのかを紙に書き出してみました。

・親孝行をする

・年1回は大きな旅行に行く

・食費を気にせず体にいい食材を買う

・年1回人間ドックに行く

などなど。

 

私たちはとりあえず紙に書いてボードに貼っていますが、手帳でもなんでも、自分がいつも目につくものに書くといいかな、と思います。

紙に書いたことで自分の目標を目で確認できるようになりました。

 

目標が明確になったら、自分がするべき行動や貯蓄の計画を立ててみます。

 

そこには楽なものばかりではないです。

どうしてもガマンしなければならないこともあります。

でも自分の目標達成のためになら、目標がない時よりは頑張れる気がしませんか?

 

お金の管理がうまくいかないと、人生全てがうまく回らない気がしてきますよね。

自分の考え方をすこーしだけ変えて、楽しくない節約も、自然と楽しく節約できるようになりたいものです(^ ^)

 

では今日はこれでおしまいです。