イライラ、モヤモヤしないために。


スポンサードリンク

私は自分で言うのもなんですが結構陽気な性格で、言いたいこともはっきり言う方だし、一見何にも考えていなそうな女に見えます。

今でこそそんな私なのですが、子供の頃から30歳までの生活は、あまり楽しい人生とは言えなくて、むしろ自分はなんて不幸な人間なんだろうと思っていました。

(色々ありまして)

そのためか超人見知りで、人とも会話もうまくできないし、人にちょっと何か指摘されると怖くなって、いろんなことから逃げていました。

そのため、自分の思っていることをうまく口に出せないので、ストレスがたまり、いつもイライラ、モヤモヤしていました。

他人が何気なく発した一言の意味を勝手に悪い方に解釈して、オドオドしたり(笑)

 

なんで?なんで?でイライラしていたあの頃の私

前は色んなことに対してイライラ、モヤモヤすることが多かったんです。

例えば

・なんで仕事量は増えているのに、給料上げてくれないの?

・なんであの人は喋ってばかりで仕事しないんだ?

・この上司はなんて意地悪なんだろう。仕事に行きたくない。

・授業参観で子供の授業そっちのけで話しかけてくる他のママたちにイライラ。

・子供が言われないと勉強しない、片付けない

などなど。

 

結局は自己中だった私

このように何かにつけて周りにイライラしていた私。

しかしそれは私がただの自己中な考えをしていただけであって、すべての人が自分の思い通りに動いてくれるわけがないのです。

人それぞれ育ってきた環境、持って生まれた性格、それぞれ違った価値観を持っていて、それを人に押し付けてはダメだ、気付いたのです。

 

自分がイライラしていることは何にも問題ではなかった

何かにイライラしたりすると、精神的にも体力的にも本当に疲れます。

ひどい時はもう人生やめたいと思うくらいになってしまいますよね。

しかし結果、自分が変わろうと努力しなければ何にも変わらないのかな、と。

自分で自分の人生を切り開くイメージを持つことにしたのです。

 

例えばさっきの例をあげてみると

・なんで仕事量は増えているのに、給料上げてくれないの?

→従業員を雇って報酬を払うことは、ただ従業員として働くより大変である。お金が今以上に欲しかったら、自分でお金を稼ぐ方法を考えてみる。すると結構大変なことがわかり、給料のありがたさがわかる。

 

・なんであの人は喋ってばかりで仕事しないんだ?

→仕事を楽しむ。自分のやるべき仕事はしっかりとやる。

 自分が必ずやらなくてもいい仕事は手の空いている人に頼んでみる。意外と普通に引き受けてくれる。

 

・この上司はなんて意地悪なんだろう。仕事に行きたくない。

→この人私になんの利益ももたらさない、全くの無関係な人である。

 自分の仕事をしていく上ではなんの必要もない人である。だから必要以上に気を遣う必要はない。

と、自分に言い聞かせる(笑)

 

・授業参観で子供の授業そっちのけで話しかけてくる他のママたちにイライラ。

→「授業見たいから見てくるね」とゆっくり見れる場所にさりげなく移動。 

 

・子供が自主的に勉強しない、片付けない

→果たして自分は子供の頃完璧な人間だったか?今は完璧な人間か?

 相手に完璧は求めない。

 むしろ色々口を出せたり、お世話できるのは子供が成人するまでの短期間だけ。

 

 

こんな感じで、ちょっと考え方を変えるだけ気持ちの持ち方が変わり、ほぼイライラしなくなりました。

ちょっと考え方を変えてみるだけで、イライラしていたことが、結果なんにも問題では

かったことがわかります。

「なんであの人は〜なの?」と相手に求めるより、「〜だから〜しよう」というように、自分が今どうするべきなのかを意識するようにしたことで、周りのことが気にならなくなりました。

 

  

きっかけになった本

私にこんなきっかけをくれた本はこちら

 

 

昔からある有名著書ですが、読んだ後、自分はなんでもできると思いました(笑)

と同時に今現在何にも出来ていない自分に、一時的に自己嫌悪になったりもしましたが。。今はそれは無くなりました。

色々思い通りにならずに悩んでいる人にはオススメです。

 

 

いつもまとまりない記事ですが今日はこれでおしまいです(^^)