お金の管理が苦手な人へ。家計簿を楽に続けるコツとは


スポンサードリンク

f:id:ykn777:20170724061847j:plain

皆さんは家計簿はつけていますか?

 

家計簿をつけようと思って、可愛いノートを買ってきて意気込むのですが、だいたい1、2ページ書いて終わり...こんな人、結構私の周りに多いのですが、他もそうなのでしょうか??

私は借金こそしたことはありませんが、家計簿をつけるのも苦手だったし、貯金もちょっとしかできていませんでした。クレジットカードの明細をチラッとみて、スーッと雑誌の隙間に隠していたり、何にお金を使ったのかもいまいち思い出せないような、お金に関してダメダメ人間だったのです。

 

そんなダメダメな私でも現在は家計簿をつけられているのですが、今回は同じようにお金の管理が苦手な人へ向けて、家計簿を楽チンに続けるコツをお話ししていきたいと思います。

 

 

家計簿をつけるようになった目的

家計簿をつけようと思ったのは、単純に私の金銭管理が最悪で、このままいくと本当にお金に見捨てられてしまいそうだと思ったからです。

また40歳50歳60歳と年を重ねて行った時に、年金や生活保護など、国に最小限の生活を保証してもらいながら、毎月決められた日に、お金が振り込まれるのを待って、お金が出たらウップンを晴らすようにお金を使ってキツキツな生活...というのは嫌だな、と思ったのです。

そのためにはまず自分がいかにお金を雑に使っているのかを、しっかりと目を背けずに把握していこうを思ったのでした。。

 

私流の家計簿を楽チンに続けるコツ

①支払いは基本的に現金で

光熱費や固定費などの、毎月決まった出費に関してはクレジットカードの利用は大丈夫だと思いますが、食費や小遣いなど月によって出費が変わる『変動費』はカードは使わずに現金で支払うようにした方が、お金の動きがわかりやすく計算もしやすいです。

②レシートは必ず持ち帰る

レシートがなければ、その場では覚えていても、いくら使ったのか必ず忘れてしまいます。レシートは必ず持ち帰りましょう。

財布に入れるとパンパンになって見た目が悪いので、私はレシート専用のポーチに入れるようにしています。

③時間のある時にレシート整理をする

レシート入れに入れているので、財布やバッグがごちゃごちゃになることはないので、ちょっとくらいレシートを溜め込んでも平気です(本当は毎日整理した方がいいのでしょうが、無理すると続かないので...笑)。

そして時間のある時に、自分の使いやすい家計簿アプリやノートなどに使ったものをざっくりと書いていきます。

例えば

・光熱費

・食費

・固定費

・日用品

・子供費

など、自分がまとめやすいカテゴリに分けて書いていきます。

※ここで例えば『スーパーで食材を買ったついでにトイレットペーパーを買ってしまった』とか、食費にちょっとくらい日用品が入ってしまってもあまり気にせず、食費としてまとめてしまってもいいと思います。要は続けることですから。

※ちなみに無駄遣い『浪費』にあたるものは後でわかるようにチェックをつけて置いたり、初めから『無駄遣い』カテゴリに分けておくと、後で振り返った時にわかりやすいと思います。(例えば子供とゲーセンで使ったお金とか)

 

最後に月の締めにカテゴリごとに合計を計算してみましょう。

 

④面倒でもレシート整理は2週間に1回はやる

レシートがどんどん溜まっていくと、後で整理するのが面倒になります。

がしかしどんなグータラさんでも最低2週間に1回は頑張ってレシート入れをスッキリ整理しましょう。1ヶ月溜め込むときっと家計簿をつけることを忘れてしまい、続かないと思います。

 

⑤収支よりも何に多くお金が出ているのかを把握する

家計簿をつけ、最後は収支の差額から赤字、黒字とか色々やっていくと思うのですが、はい、面倒ですね(笑)

最初の3ヶ月は赤字、黒字はあまり気にせずに、とりあえずレシートを整理して記録していくことを意識した方がいいと思います。

初めから、赤字だの黒字だのやっていても、無駄遣いをしている人はどのみち『赤字』かお金があまり残っていないことが多いので、まずは「自分が使ったお金はいくらか ??」を把握していくことが大切です。

自分のお金の使い方が把握できてから、節約、そして家計の黒字化を目指して動いていきましょう。

焦りは禁物です(^^)

 

家計簿をつけ始めると色々見えてきます

家計簿を3ヶ月もつけてみると、自分が何に多くお金を使っているのかが見えてきます。こんなにもお金を無駄に使っていたのかとビックリして罪悪感に襲われるでしょう。でもそれでいいのです。そして、

・無駄なもの

・要らないもの

・もっと節約できそうなところ

が、明確になって来るはずです。

今度はそこの支出を減らすために対策を考えていけば、徐々に無駄なお金が外に出ていくのを防ぐことができます。

 

家計簿をつけると無駄遣いがなくなる

実際私が家計簿をつけるようになって、食費、光熱費、日用品、通信費や習い事などの固定費を減らすことができました。その他、自分や子供の洋服、雑貨類などの無駄使いが劇的になくなりました。

今ではお店に行っても何も欲しいと思わないし、必要なものでもかなり躊躇して買うようになりました。失礼ですが売り物がゴミに見えるようになってしまいました(笑)以前は何も考えずに買っていた私を知っているパートナーはその姿に驚いています(o_o)

 

 お金を貯めたい、増やしたいという気持ちが大切

なんの目的もなく、ただ節約とか貯金を考えても、モチベーションは上がってこないものです。ですから何のためにお金を貯めたいのか、増やしたいのか、何年後に旅行したいとか車が欲しいとか、何でもいので目標を持っておくのもいいと思います。

周りに何を言われても、自分の気持ちがなければ今の状況は変わりませんから。

 

 

まずは3ヶ月、ぜひ家計簿をつけて見てください(^^)