慢性胃炎に効果のあった食べ物。


スポンサードリンク

慢性胃炎についてご存知ですか?

胃の病気といえば

急性胃炎

胃潰瘍

・胃ポリープ

胃がん

などなど。

なかなかの顔ぶれの中で、『慢性胃炎』てなんとなく軽い扱いというか。

慢性胃炎なんだよねー」って他人に伝えても

「へー、そうなんだー」って、

余り辛さをわかってくれない病気かなーと自分の経験から勝手に思っていたりします^^;

だってこれが

胃潰瘍なんだー」って伝えたら

「えー!大丈夫!?」

ってなりますよね(笑)

 

そんな慢性胃炎。私も2年くらい前から慢性胃炎に悩まされていて、薬以外の食べ物で症状が軽くなる方法はないのかなーと色々試してみたのですが、今回は慢性胃炎の症状に効果のあった食べ物についてのお話です。

 

慢性胃炎とは

慢性胃炎とは、胃の細胞が萎縮していくとともに胃粘膜も薄くなり、胃酸の分泌も減少し、胃もたれや胃の不快感などの症状が慢性的に起こる病気です。

原因としてはピロリ菌の感染や、加齢、暴飲暴食、喫煙など、胃に繰り返し刺激が加わり、炎症が起きてしまうことが原因となります。

また、ピロリ菌感染による慢性胃炎胃がんの原因の1つとなるようです。

意外と大変なんですよ。

 

私が慢性胃炎になったであろう原因と症状

私が慢性胃炎になってしまったと思われる原因は、食べ物を噛んでいなかったことです。

以前歯科矯正をしていまして、矯正の器具をつけている時は食べ物を噛むと痛いし、痛みが治まってもうまく噛めないというか。噛むことが苦痛で2、3回噛んでゴックンしていました。

そんな生活を2年半くらい続けていて、ある日から食後の胃もたれやむかつきが。。

ちょっと食べてはお腹が苦しくなって胃薬が手放せない日々が続きました。

胃カメラの結果は「萎縮性慢性胃炎」。

胃を休めるためにおかゆ生活にしたり、脂っこい食べ物を控えると数日で落ち着くのですが、もともと食べることが大好きなもので、ちょっと楽になると美味しいものを食べては、症状のぶり返し。。

自分の生活習慣が原因とはいえなかなか辛かったのです(T . T)

矯正が終わってからもずっ症状は治りませんでした。

 

 

効果のあった食べ物

そんな胃薬に頼ってばかりも問題かな、と思い、食べ物でなんとかできないものかと胃に良さそうな食べ物を探していたのですが、色々試してみて効果があったのは、

大根おろし!!!

1日1回大根おろしを食事のメニューに加えてポン酢とかお醤油で食べていたところ、最近は胃の調子がとっても良くて、食後も胃もたれすることがないですし、空腹感を以前より感じることができています。

全然胃の調子が治らなかったので、そろそろまた胃カメラしなきゃなーと思っていたのですが、もう少し先延ばしにしようかなー。

 

www.ykn777blog.com

 

しかし大根おろしの辛味成分が逆に胃に刺激となったり、人によって合う合わないがあると思うので、全員が確実に良くなるとはいえませんが、私は大根おろしが良かったかなーという感じです(笑)

私は辛味が少ない部分を食べています。

もし慢性胃炎でお悩みの人は試して欲しいなーと思います(^^)

 

では今日はこれでおしまいです♡