早起き体質になりたい人へ。


スポンサードリンク

私はどちらかといえば早起きな方です。

朝4時半か5時に起きます。

(目標は4時に起きることなのですが、たまにしか起きれません(^^;;)

 

逆に私のパートナーは朝が弱いです。

付き合い始めの頃の3年前、仕事の日はギリギリまで寝ていたし、休日は10時過ぎまで起きてきませんでした。

そんなわたしのパートナーですが、最近はなんと朝5時半には起きています。

ある日は5時に起きました。

そして洗濯干しと朝食作りをしてくれます。

 

朝に弱すぎる彼を知っている私としては、早起きをしている彼がとても信じられないのですが、なぜ早起きるようになったのでしょうか。彼の行動から早起きするためのポイントを考えていきたいと思います。

 

仕事を頑張りすぎていた当時

私のパートナーはとても真面目で仕事にも一生懸命取り組んでいます。

私はどちらかというとグータラ人間なので、お金にならないようなことは無駄に頑張りすぎないように力を抜いて仕事をしているのですが、彼は残業もよくしていたし、それが自分の責任だと思ってやっていたのでしょう。

そのため夕食も遅い時間になるし、お風呂も寝る時間も遅くなります。当然もともと朝が弱い彼は朝スッキリ起きられるわけがありません。

 

目標ができた

毎日の仕事に疲れ切っていた彼。もともと目標はあったようですが、その目標が自分の中で明確になったようです。

それから彼は仕事を残業することはなくなり、帰りが早くなりました。

帰りが早くなったことで、自分の目標のための勉強の時間ができ、それがまた規則正しい生活へつながっているのだと思います。

 

健康に気をつけるようになった

体調が悪いといつもの生活リズムが狂ってしまい、せっかく目標達成に向けて頑張りたいのにそれができなくなってしまいます。

そこで健康にも気をつけるようになり、外食はほぼ0に近い食生活ですし、無駄な飲み会をしなくなったので、翌日2日酔いでお昼過ぎまで寝たきり...ということがなくなりました。

そのためか「体がだるい」と言う日がほとんどなくなりました。

(ここに運動を取り入れてくれるともっといいかもしれませんね(^^))

 

早寝をするようになった

仕事は早く帰ってくるようになりましたが、仕事自体ストレスも多い職場です。

疲れから夜勉強している間にそのままリビングで寝てしまったりして効率が悪いな、ということになりました。

そこで、夜22時、遅くても23時には寝て、朝5時に起きるというスタイルに変更してみたところ、さらに体調も良くなったそうです。

早起きは健康に良いというのは私も何度も伝えてきたのですが、ついに自覚してくれたようです(笑)

 

まとめ。目標があれば早起きできる

普通に朝仕事に行って、職場で与えられた仕事をこなして、疲れて帰ってきてお酒を飲んで寝る。

そこに何も目標がなければ、何もすることがないので朝起きる必要がありません。

それでは早起きはできません。

「早起きなんてしなくても良い」と思っている人には関係のない話かもしれませんが、「早起きしたいな」と思っているのであれば何か目標を立ててみてはいかがでしょうか。

勉強じゃなくても、ダイエットのためにウォーキングしてみようとか、朝美味しい朝ごはんを作って食べようとか、自分なりの小さな目標を立ててみるといいかもしれません。

 

 

生活習慣は自分の頑張り次第で変えられますね(^^)

 

おしまいです。

読んでいただきありがとうございました♡