我が家の食費節約計画


スポンサードリンク

みなさんのお宅は毎月食費にいくらかかっていますか?

家族の人数や、年齢などによっても差があると思いますが、我が家は大人2人、中学生1人、小学校低学年1人の計4人です。

お金の管理が非常に苦手だった私は、ついつい仕事の疲れなどを理由に外食が多く、おそらく(家計簿をつけていなかった為に不明😓)月に7、8万は余裕で使っていたことでしょう。いや、もっと使っていたかもしれません。

もちろん我が家は裕福層でもなく、ごく一般的な収入で暮らしています。 

それなのに食費にそんなに沢山お金を使っていたなんて、今思うとなんてもったいないことをしていたのか、昔の自分にビンタしたい気持ちです(T ^ T)   

 

話は少し変わって、よく雑誌などで節約特集を見ていると、同じような家族構成なのにも関わらず、食費が3万などどいうお宅もあるようで、つい「ほんとか?」と疑ってしまいたくなるのですが、できていたとしたら本当にすごいなあと思います。

しかし、今まで食費をバカみたいに使ってきた私には、そんなレベルの高いことは無理だと考え、違う方法で食費を節約してみようということになりました。

では私の食費節約のポイントを挙げていきたいと思います。

食費1ヶ月4万円で過ごす

できることなら、雑誌に出ているデキる主婦のように食費2、3万円でやりくりしてみたいものですが、到底今の私には無理と考え、4万円でやってみることにしました。

最初から自分を追い込むのも1つの手かもしれませんが、私は、自分ができるであろう金額を、無理のない範囲で決めました。

お財布に4万円全て入れておく

4万円を、毎月決まった日に食費用のお財布に入れます。

我が家の場合は、毎月25日が給料日なので、25日に入れ替えします。

これで1ヶ月やりくりしていかなければならないというような決意が生まれるのですっ。

1週間のメニューを決めてしまう

以前は2日おきにスーパーに行って買い物をしていた私。

ちょっと卵を買いに行くつもりが、ついついあれも安い、これもお得、と3千円、4千円平気で使ってしまっていました。

そこで、1週間のメニューをあらかじめ決めてしまい、購入する材料もメモをしてから1週間に1度だけスーパーに行くことにしました。

すると無駄なお金を使わなくて済むだけでなく、他にもいいことがあったのです。

・スーパーに行く回数が少なくなったので、疲れない、時間に余裕ができる

・毎日の献立に悩むことがなくなった

・無駄に作り過ぎることがなくなったので、食材を腐らせなくて済む

これは本当に良かったなと思っています。

オーガニックに惑わされない

ここ数年は食の安全などとあちこちで言われていて、オーガニックものの食材、食品が多く出回っていますね。

スーパーでも外国産と国産では料金が全く違ったりします。

確かに私もできることならばオーガニックな食材でご飯を作ってあげたいですが、やっぱり家計にはかなり響きます。。

そこで、国産とかオーガニックなどと言ったものはあまり気にしないことにし、明らかに怪しいものでなければ、基本的には安いものを買おうと決めました。

よく考えると、例えば昔の赤ウインナーなんかは着色料たっぷりだったろうけど、きっとうちの両親も私もそれを食べて育ってきていて今ピンピンしているのだからまぁ平気だろうと楽観的に考えるようしました😂

ただ、食品によっては国産の方が断然美味しいものもあるので、明らかに味に差があるものは金額よりも味を優先して買っています。

レシートは必ず持ち帰り、家計簿に記録

私、以前は買い物をした後、レシートはお財布に入れっぱなしか、すぐにゴミ箱にポイしていました(^^;;

ざっくり計算できているつもりだったのです。

しかしまぁ計算なんてできているわけありませんよね。基本的に買い物が終わったら忘れてしまいますからね。

しかもざっくり計算の場合、例えば会計が2670円だったとして、

「だいたい2500円くらいかな?」と、自分に都合のいいように170円も安く計算していたりすることがほとんどでした。

そんなお金の使い方をしていると、必ず『用途不明金』が出てきて、私のお金がどこかに消えてしまったような感覚、そして罪悪感に襲われるのです(T ^ T)

まぁ自分が悪いのですが。。

そんな、いつまでもお金に怯える生活はいい加減嫌だと思った私は、もらったレシートは必ず持ち帰り、パソコンの家計簿に入力するようにしました。

 

レシートの合計金額でいいのですが、食費と日用品を一緒に買うこともあると思います。そんな時はできれば食費と日用品を分けて入力した方があとでわかりやすいと思います。

エクセルは計算してくれるので楽です。

すると、いつ何にいくら使ったのかが明確になり、何に使いすぎているのかがはっきりしてきます。

そこから使いすぎている部分の見直しを少しずつしていけばいいのです。

 

まとめ

いかがでしたか?普段よりちょっと頑張るだけで、食費はぐっと減らせます。

でも、減らしすぎても健康に悪いので、それぞれのご家庭にあったスタイルで節約できるといいですね。