猫を飼う前にチェックしておくべきこと


スポンサードリンク

 

最近はすっかり猫ブームですね。

動物を飼うことにあまり前向きではなかった友人までもが最近猫を飼い始めました。

猫好きにとっては嬉しい事です(^^)

 

しかし猫は可愛いだけでは飼うことはできません。

そこで今回は猫を飼う前にチェックしておくべきことをまとめてみました。

『欲しいな』と思った時、可愛いからという理由だけで、よく考えずに飼ってしまって後悔することがないように、まず自分が猫を飼える状態なのかチェックしていきましょう。

 

1、猫アレルギーの人はいないか

 まず、猫を飼う上で、一番にチェックしなければならないのは、自分の周囲に猫アレルギーの人がいないかどうかです。

実際、うちは特に何も考えずに猫を飼ってしまったのですが、娘が猫アレルギーだと最近判明しました(・・;)

猫アレルギーでも、娘の場合は軽度のようで、症状が出ずに問題ないのですが、重度の場合は喘息発作になってしまったりなど大変です。

また、いま現在は平気でも、これから出会う大切な人が猫アレルギーかも知れません。そんな時、猫をとるのか、大切な人をとるのか‥なんてできませんよね。

そんなリスクも踏まえて猫を飼うか考えていきましょう。

 

2、自宅に人を招き入れる機会は多いか少ないか

 みなさんご存知の通り、全ての人間が動物好きとは限りませんよね。

私も、猫は大好きなのですが、犬は苦手です。ですから犬を飼っているお宅にはあまりいきたくないな、という気持ちになってしまうので、猫が苦手な人もきっとそんな気持ちになっているかも知れません。

また、例えば自宅で友人を呼んでパーティーをしたい、料理教室を開きたい、なんていうことになった時に、猫が苦手な人はそこで食べ物を扱っていること自体に嫌悪感を抱くことも考えられます。

自宅への人の出入りが頻繁になることが予想される場合は、そういったデメリットも考えて飼いましょう。

 

3、猫を飼うと悩まされるもの

猫を飼いたいと思っているみなさんは、きっと子猫から飼い始めたいとお考えではないでしょうか。もちろん子猫はとても可愛いのですが、大きくなった時に、小さい時には気づかなかった問題が出てきます。

【抜け毛】

子猫のうちは、抜け毛が少なく、あまり気になりません。

しかし、半年も過ぎ、季節の変わり目(特に春先)になると、毎日掃除機をかけなければならないほどの抜け毛があります。体を少しナデナデしただけでふぁーっと毛が抜けます。

洋服などにもかなり付くのでコロコロは家のあちこちに常備してあります。

またブラッシング用のブラシも欠かせません。

ちなみに我が家はこちらが大活躍です。

 

※しかし抜け毛があっても愛おしいんですけどね(^^)

 

【粗相】

猫ちゃんは割とすぐにトイレを覚えてくれるので、しつけは楽かな、と思います。

しかし、半年過ぎた頃には、発情期を迎え、男の子はマーキングをしだします。

それがまた強烈なニオイなのです。

だいたい早めに去勢してしまえばマーキングは治るのですが、個々の猫ちゃんによって、環境の変化やストレスなどで、トイレ以外の場所に粗相をしてしまう子もいます。

ちなみにうちの猫は猫砂をたまたまいつもと違うのに変えてしまったことがきっかけで、時々トイレ以外の場所に粗相してしまうようになってしましました(T ^ T)

猫ちゃんによってはクッションやバッグなど、衝撃的な場所にしてしまうので、もしされてしまった時に、それに耐えられるか、という問題も出てきます。

 

4、猫を飼う上での費用について

 猫を飼う上で、トイレやケージ、お皿などの初期費用はかかりますが、その他毎月いくら費用がかかると思いますか?

各家庭や頭数によって変わってくるとは思いますが、必要なものは次の通りです。

・餌

・トイレの砂やシート

あれ、意外と必要なものって少ないですね。

では我が家では毎月猫にいくら使っているのかお教えします。

 

【猫6歳×2匹の我が家の場合】

...ご飯についてはホームセンターなどに売っている安いものですと、ウンチの回数も多く、ニオイもきついので、我が家では

【送料無料】【正規品】ロイヤルカナン インドア 10kg 《室内で生活する成猫用》 3182550706940

ロイヤルカナンを食べさせています。10キロで3ヶ月持つので、

7200円÷3ヶ月=2400円

ざっくり計算ですがこのくらいです。意外と安いかな?

 

トイレ用品...トイレは2段式になったシステムトイレで、にゃんとも清潔トイレを使用しています。 

下に右のシートを敷いて、上にヒノキチップをまいておく感じです。

ざっくり計算で

1000円+800円=1800円

こんなざっくり計算で合計月4200円はかかっている計算になりますね。

そのほかに

・シャンプー

・おもちゃ

・おやつ

などその都度購入していればもっとかかってくるわけです。

また、万が一の猫の病気、怪我に備えて保険に入ればそれもプラスされます。

いかがですか?予算的に猫を飼えそうですか?

 

5、猫は20年生きることもあります

野良猫ですと通常2、3年ほどで寿命を迎えますが、室内飼いの猫は20年も生きてくれます。

その20年もの間、責任を持って猫のお世話ができますか?

旅行や数日家を空けることは無理なので、ペットホテルや友人にお世話を頼むなどしなければなりません。

また、若くて元気なうちはいいですが、猫も人間と同じく年をとってきます。年をとると、病気にもなりやすく、認知症になったりと介護が必要になる時がくるかもしれません。

猫が最期を迎える時、一緒にいてあげられますか?

 

まとめ

いかがでしたか?

猫は可愛くて、飼いやすい動物だと思います。しかし、決して簡単ではなく、しっかりとしたお世話が必要になります。

猫を飼おうを思った際にはぜひ自分が今飼える状況なのかをしっかりと見極めて、責任を持って飼うようにしましょう。