私の物欲がなくなった理由


スポンサードリンク

ひと昔前は、雑誌やテレビからの情報を取り入れ、実際にお店に出向いて買い物をし、近くにショップがない時は、直接ショップに電話して配送してもらったりしていました。通販なんて、カタログをじっくり見て、用紙に手書きで記入して、ポストに入れて。今思うと結構手間がかかることをしていたものです。そんな生活していたアラフォー女子も、今ではほとんどの情報はインターネットから得ており、ネットショッピングも会員登録していれば、2クリックくらいでお手軽に買い物できてしまうので、とても便利ですよね。

私も洋服から雑貨まで、「欲しいな」と思ったものはすぐ買ってしまうタイプでしたが、ここ最近は物欲がほぼなくなってしまいました。

 

物欲ゼロ。というわけではないのですが、毎月洋服に最低2万は使っていた、お金持ちではない一般庶民の私。

 

ここ数ヶ月は全く洋服を買っていません。

そんな物欲の塊だった私がなぜ物欲を抑えることができているのか、これからお話しして行きたいと思います。

1、物欲の塊だった頃の私の買い物の仕方

【欲しいと思ったその日に即ポチり】

決してお金に余裕があったわけではありません。でも欲しいと思ったものはどうしても欲しくなり、その日のうちにポチッとしていました。それが「残りわずか」「あと1個」などと書かれていた時にはなぜかポチりにも拍車がかかっていました(笑)

【クレジットカード払いにしていた】

ネットショッピングの際は、クレジットカード払いではなく、代引きや銀行振込などの支払い方法で買い物をしていましたが、1回クレジット払いにしてしまったところ、そのお手軽さにすっかり慣れてしまい、クレジットカードで支払いすることがほとんどになってしまいました。さすがに支払いができないほどの請求は来ませんでしたが、後で明細を見た時に、とてつもない罪悪感に襲われました。

【流行りのものはとりあえず購入していた】

インスタグラムなどでは、お洒落な人たちがたくさんお洒落なアイテムの写真をアップしており、「〇〇さんもインスタグラムで紹介!」などと宣伝されているものは売り切れになっていたりするので、なぜか「絶対に手に入れなきゃ!」という衝動に駆られてしまっていました。

また洋服屋さんの入り口に展示されているものは、いち早く購入してしまっていました。

今考えるとお店側のいいカモでした。

 

2、買い物をした後の私

【何を買ったか覚えていない】

お店にいる間は、あれもこれもとワクワクしながら買い物を済ませます。

そして家に持って帰るわけですが、家事などがあるために、買ったものはとりあえず玄関に置きっぱなしにしていました。

本当に欲しくて買ったものはすぐにしまうのですが、衝動的に買ったものは、いつまでも置きっぱなしで、買ったことをすっかり忘れてしまっていたのです。

そして「なんでアレ買っちゃったんだろう?」と思うのです。

【結局使わない、1回使ったら終わり】 

洋服や雑貨。可愛いものは巷にたくさんあります。「あ、可愛い」と思って購入して、着たり使ったりするのですが、結局1度使ったら終わり、1回着たら終わり、というようなものがどんどん増えていくのでした。

 

3、物欲がなくなった理由

【読書にはまった】

意味のない買い物ばかりしていて、お金も貯まらないことに嫌気がさした私。

お金の本を読んで見ることにしました。

読んでみたのが、年収200万円からの貯金生活宣言 [ 横山光昭 ]です。

お金のこと、貯金のこと、本当に当たり前のことが書かれているのですが、心に刺さることばかりで、本当に今までの自分の行動にどれだけ後悔したことでしょう。

なかなか貯金ができない人<a お金にマイナスなイメージを持っている人には本当にオススメです。

 

【家計簿をつけ始めたら、お金を使うのが勿体無いと思うようになった】

上記の本を読み始めてから、私もお金と真剣に向き合って見ようと思い、自分が使ったお金を正直に洗い出し、家計簿をつけることにしました。

家計簿については、私は書くことが苦手なのでノートではなく、エクセルで打ち込むだけのものにしました。自動的に計算もしてくれるので便利でした。

(家計簿についてはまた後日お話したいと思います)

すると、自分がいかに無駄にお金を使っていたのかが明確になり、それに衝撃を受けました。すると、ある日私の中に、「お金を使うのが勿体無い」という感情が現れ始めたのです。

 

【物欲はゼロではない。しかし買わない】

現在は本当に必要なものしか購入していないので、お金も余裕ができています。

しかし物欲がまったくない訳ではありません。ネットショップを見ていて「欲しいな」と思って、ついカートに入れてしまうことも少なくありません。

そんな時はそのアイテムを使っている自分を想像して見ましょう。

意外と「似合わないかも」とか、「使わないじゃん」と思うものばかりです。

そして1晩そのまま放置してみましょう。翌日には欲しいと思わなくなっていることがほとんどです。

しかし時々数日「やっぱり欲しいなぁ〜」と物欲が続く時があります。

そんな時は他にやらなければならないことをしたり、趣味に打ち込んだりしているうちに

「なんであんなの欲しいと思っていたんだろう」と思う時が来るのです。

このようにして物欲は完全に消えていないものの、余計な買い物をせずに済んでいます。

 

4、まとめ

いかがでしたでしょうか。経験上、物欲が止まらない人は、必ず「無駄遣いやめないと」という気持ちは持っていると思います。しかしなかなかやめられないのが悩みですよね。

しかし私は少しだけ自分の意識を改革するによって、本当に物欲を抑えることができました。お悩みの方は参考にして見てくださいね。