貯金ができない主婦


スポンサードリンク

 

 旦那さんが朝早くから夜遅くま会社で勤務して、貰える給料といえば、せいぜい20万から30万くらい。せっかくもらえたボーナスも、毎月の赤字を補填するために消えてしまう。。そんなご家庭も少なくはないのではないでしょうか。

 我が家も世間一般的な収入で暮らしています。しかも、私は主婦歴14年にしても貯蓄がとっても苦手です。節約しているつもりでも、なかなかお金が貯まらない方です。

そんな私ですが、お金が貯められない原因について考えてみたい思います。

 

     【ざっくり計算で家計管理】  

私は最近まで家計簿をまともにつけたことがありませんでした。つけようとしたことはありましたが、100円ショップでノートを買ってきて、2、3ページつけて終わり。

1ヶ月も持ちません。私だけでなく、私の周りも家計簿をつけている主婦はほとんどいなくて、「頭の中で大体で計算してるー」などといった人ばかりです。

(本当のところはどうなのかはわかりませんが‥)

結局、ざっくり計算で金銭管理をしていると、『何にいくら使っているのか』全くわかりません。例えば買い物に行き、お財布を見ても「何に使ったんだっけ?」と、まるでどこかにお金が消えてしまったような感覚に陥り、それが罪悪感として残ってしまいます。

【食費だけに注目してしまう】

私が「節約しよう!」と思った時にまず思いつくのが「食費を抑えよう!」です。レシピサイトで節約料理の検索して、もやし、豆腐、卵‥など色々考えてご飯を作りました。でもなぜかお金が貯まらないのです。

それはなぜか。私は食費だけに注目して、『節約したつもり』になっていただけであり、家計そのものを見つめることをしていなかったのです。家全体のお金の動きを見ていくことで初めてお金が貯められる環境になっていくのです。

【子供に無駄なお金をかけてしまう】

我が子には可愛い服を着せたいですよね。子供が小さいうちは可愛い子供服があちこちのお店に溢れかえっています。私もショッピングモールになんか出かけてしまった日には、ついつい1、2着買ってしまっていました。子供服は高いです。気がつけば5千円、1万円、すぐに飛んでいってしまいます。せっかく食費を節約したって、こんな使い方をしていたらお金が貯まるわけありません。

 また、子連れで買い物に出かけた時に、子供が飽きてしまって不機嫌になることもありますよね。そんな時小さなおもちゃやお菓子を買い与えてご機嫌取りしていませんか?私はしょっ中やっていました(笑)

小さな積み重ねが、知らぬ間にお金が消えていく原因となっていきます。

【必要のないクレジットカード払い】

世の中にはたくさんの種類のクレッジットカードがあります。1枚くらいは持っている人が多いのではないでしょうか。1枚でも持っていると、毎月の光熱費や通信費などをクレジット払いにしてポイントがたまりお得な面もあります。私も光熱費などはクレジット払いにしています。

しかし、クレジットカードでその他の買い物をしてしまうと、毎月のお金の管理が面倒になるだけでなく、なんだかお金が無限にあるような感覚に陥ってしまうこともあります。

最近私もクレジットカードを使った買い物は禁止にしています。きちんとした金銭管理ができる人なら問題ないのでしょうが、貯金ができない人はクレジットカードで買い物するのは禁止にしましょう。

【疲れたという言い訳からの外食】

去年あたりまでの私は、外食がとても多い方でした。仕事が遅かったのもあり、それを理由に「今日は疲れたからお外に食べに行こう」と家族を外食に誘っていました。家計簿もつけていなかったのでわかりませんが(汗)、おそらく4、5万は使っていたでしょう。一般の家庭では多い方だと思います。

もちろんそんな高級店に行っていたわけではありません。チェーン店の牛丼屋さんやラーメン屋、ファミレス。1回あたり3千円前後でしょうか。気づけば恐ろしい回数外食していました。こんな生活ではお金は貯まるわけがありませんよね。

 

SNSからの物欲刺激】

ここ数年はSNSで芸能人やモデル、カリスマ主婦モデルなどがたくさん魅力的なアイテムをアップしたりしていますよね。

好きな芸能人やモデルが使っているものや、流行のアイテムがいち早くわかり、どうしても物欲が刺激されてしまいます。また、ネットで気軽に買い物できてしまうので、ついポチッとしてしまいがちです。さらに欲しいアイテムが『品切れ』となっていた時には、何が何でも欲しくなってしまったり。

でも流行にも期限があります。結局買っても次の年には微妙なアイテムになっていることでしょう。。

 

いかがでしたか?貯金ができていない主婦の方で、少しでも思い当たることがあった方はいましたでしょうか。同じような境遇の人がいてくれたら私自身としては仲間がいるようでちょっと嬉しいです(笑)

一気にやろうと思うと疲れてしまいますので少しずつ。。見直していけたらいいですよね。